MENU

メニエール病耳鳴りで眠れない〜寝不足、不眠対策

三半規管の異常による病気の1つに、メニエール病があります。

 

 

そもそもメニエール病とは、激しい回転性のめまいや難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状が現れます。

 

 

特に、耳鳴りの場合キーンという激しいものが多く、症状がひどい場合は、日常生活に支障を来すこともしばしばあります。
夜に寝ているときには、気になってしまいます。

 

 

メニエール病の患者さんの中に、メニエール病の耳鳴りで眠れないという症状を訴える人は少なくありません。

 

 

何日かにわたり症状が続くと寝不足になり、やがて不眠症になってしまいます。
そんなメニエール病耳鳴りの不眠対策は、まずは耳栓をすることです。

 

 

耳栓をすることにより、少しはキーンという音が軽減されます。
しかし、音が完全になくなるものではありません。

 

 

つぎに有効な対策が、漢方などによる薬の服用です。

 

近年の漢方ブームにより、ドラッグストアでも手軽に漢方を購入することが可能になりました。耳鳴りに有効な漢方もありますが、漢方特有の苦味が苦手な方は、手や足の耳鳴りに有効なツボをおしてみるのも効果的な方法です。

 

 

特に、夜眠れないという方にはすぐにできる最適な方法です。
しかし、あくまで自宅にいるときの対処療法にすぎないので、医師の指導のもと治療を受けることが望ましいです。

 

めまいと耳鳴りで眠れない〜寝不足、不眠対策

めまいと耳鳴りで眠れないと、おんどん寝不足がひどくなってしまいます。四六時中キーンというひどい耳鳴りから離れられないでいる状況が続けば、だんだんと精神的にも不安定になってしまうために、病院に行って安定剤などを処方してもらい対処しようとする場合もあります。

 

 

もちろんそれで満足な効果が得られればよいですが、やはりしっかり休養をとらなければそもそも耳鳴りも改善しません。

 

 

そんなときのめまいと耳鳴りの不眠対策とは、まず手軽にできる方法として首をリラックスさせるというものがあります。まずはゆっくりと首を回してこわばっている筋肉をほぐしてあげましょう。

 

 

ゆっくりと右に3回ほど回します。そうしたら、こんどは反対側の左にも同じ回数回すようにします。

 

 

もしもめまいがあれば首を回すのもつらいので、とりわけゆっくりと行ってください。
これをだいたい1日で5回ほど行えば、肩のこりもほぐれやすくなります。

 

 

頭痛がひどい人への対策としてもおすすめです。
また、それ以外にもぬらしたタオルを20秒ほどレンジで温めて温タオルをつくり、それを肩にのせるのも効果的です。

 

 

もしも耳鳴りがひどいときには、その耳をやさしく覆うようにして温めてあげるのも良いでしょう。

 

頭痛と耳鳴りで眠れない〜寝不足、不眠対策

ひどい頭痛と耳鳴りで眠れないと悩んでいる方もいるでしょう。その状態が続いてしまうと寝不足になってしまいます。夜、寝る時に周囲が静かな状態だと耳鳴りが気になり、しばらく経ってもうまく寝付けない場合もあります。また、耳鳴りだけでなく頭痛がしているとさらに痛みなどがあるため寝られずストレスが溜まってしまいます。

 

 

頭痛耳鳴りの不眠対策とは、目の疲れを取ることや、肩や首の血行をよくすることが大切です。デスクワークや同じ姿勢を保つことが多い方は、肩こりや首のこり、またモニターなどの画面を長時間見ることの多い仕事などをしている場合には、目が疲れやすい傾向があります。

 

 

肩や首がこることで、筋肉がかたくなり、血液の流れを悪くしてしまい、頭痛になってしまうこともあるので、マッサージやストレッチなどを適度に行い、筋肉のこりをほぐすようにしましょう。また、目が疲れやすい場合には、作業の合間に少し休憩を入れて、遠くの景色を眺めたりして目の疲れをとるようにするといいでしょう。

 

 

また、頭痛や耳鳴りを気にしすぎて、神経質にならないように、自宅ではリラックスできる環境を整えることも大切です。お風呂に入り、全身を温めることで、血行をよくすることになり、また筋肉の緊張なども適度にほぐれ、リラックスできます。また、キーンと耳鳴りがして気になる場合には、少し静かな曲を流して、耳鳴りをまぎらわせるとのも耳鳴り対策としては有効です。